Maison de puska メインロゴ

ナビページ用ロゴ大

HOW TO USE

- キャンドルを安全にご使用いただくために -

この度は当店のキャンドルをお買い求め頂き、誠にありがとうございます。キャンドルを安全にお楽しみいただくため、以下の点にご注意ください。

・火がついたキャンドルのそばから離れないでください。離れる場合は、必ず火を消してください。

・カーテンなどの燃えやすい物や溶けやすい物、エアコンや窓の風が直接当たる場所を避けてご使用ください。

・小さなお子様やペットの手の届かない場所で保管、及びご使用ください。

・使用中や火を消した直後は キャンドル本体や芯、グラスなどが大変熱くなっておりますので、絶対に触らないでください。

・キャンドルを灯す時間の目安は2~3時間です。特にガラス容器に入ったキャンドルの場合、ガラス部分が火に当たり続けると高温になり危険ですので、安全のために目安時間を守り、連続して使用しないでください。

・就寝前にご使用になる場合、必ず消火したことをご確認ください。

・直射日光が当たる場所や高温の場所を避け、涼しい場所での保管をお願い致します。

<免責事項>

・キャンドルの保管、使用時の事故や火災などについては責任を負いかねます。安全に気を配りながらキャンドルの灯りをお楽しみ頂けましたら幸いです。

- キャンドルの使い方 -

☆キャンドルの芯が長い場合、5~7mm を残すようにハサミでカットしてご使用下さい。(芯が長すぎると炎が大きくなり、ススが出る原因になります)

☆耐熱のお皿などに乗せて、安全・安定した場所に置いてご使用ください。

☆炎が大きすぎると感じたら一度火を消し、キャンドルが完全に冷めてから芯を短くカットしてご使用ください。

☆炎が小さすぎる場合は一度火を消し、溶けたロウを不要な紙で吸い取って点灯し直して下さい。その際は火傷などにご注意ください。

☆植物素材(ドライフラワーなど)がロウの中に浮いてきた場合、ピンセットなどでつまんで取り除いてからご使用下さい。芯は細めのものを使用しておりますが、万が一、植物素材に引火した場合には速やかに消火し、取り除いてご使用ください。

☆消す時は芯の先をピンセットか割り箸でつまみ、溶けたロウの中へ倒します。火が完全に消えたら、次に使う時のため、すぐに芯をまっすぐに戻しておいてください。(吹き消すと煙やススが出る事がありますのでご注意ください。)

☆キャンドルが残り少なくなってきたら、安全のため最後まで使い切らずに底から2~3cm 程 残して消火してください。

newsスペース下側のロゴマーク

Instagram

@maison-puska.com